様々な顧問弁護士料

顧問弁護士とは企業や個人向けに月額いくらというような値段設定で契約し、その契約内容に応じた回数までの相談なら月額の料金しか取らないといった弁護士との契約方法です。
従来の弁護士であれば相談一案件ごとにいくらといったスポット型が主流でした。
そのようなスポット型の契約では今すぐ相談がしたい、という時にその弁護士都の日取りを合わせて相談の場を作ってから祖横断に移るというような流れになってしまいます。
顧問弁護士であれば何かの問題が起きる前から気軽に相談しておくこともできるので、いざ問題が手に負えなくなってきたとして、弁護士に相談する際にも話が早く済みます。

そのような顧問弁護士ですが料金体系が掛け捨て型、つまり月に決まった額を支払うため相談のあるなしに関わらず定額が毎月発生するのです。
その中で相談回数が設定されていることも多く、回数を超えた分や弁護などの実務が発生するような事態になったら追加で料金が発生する、といったシステムが多いようです。
そう言ったことから掛け捨て型の保険と一緒だ、などと揶揄されることも少なくなかったのですが、今では顧問弁護士の料金体系も多様化が進み様々なケースがあります。

そのように多様化が進む顧問弁護士の料金体系について以降のページでは解説していきます。
料金の超過が進むことでサービスにも違いが出てくるので、自分にあったものを選べるという選択が出来る様になった顧問弁護士を皆様も利用してみては如何でしょうか。

Copyright © 2014 顧問料掛け捨てについて All Rights Reserved.